日本でのiPhoneを考える

:追記あり

勝手にiPhoneを妄想してみる。Docomoからでると仮定する。
 今の日本の携帯でたいてい付いている物と言えば、
GPS, ワンセグ, FeliCa, カメラ, i-mode, bluetooth それくらいかな?
これにiPhoneとして必要そうな物をいてれ見る。追加する物は
無線LAN, タッチパッド(名前が違うかもしれません)
後忘れては行けないのはMacOSだということ。
 これらを合わせてみると...


 Safariブラウジングしながら自分の位置をGPSで確認できたり、また暇なときにワンセグできたり。電車だってFeliCaが搭載されているので大抵の路線はカバーできる。何か面白そうな物と遭遇した場合はカメラで写真を撮ってGPSで位置を確認して、『この場所にこんな物を見つけました。』なんてこともできる。その場合はGoogleAPIを駆使して正確な位置と写真とともに面白そうなMapが作成することができるかもしれまい。着信メロディーはi-modeからダウンロードして登録することができるだろう。
 また外出先でMacを使いたくなったときにはiPhoneをつかってダイアルアップをすることができるはずだ。このときの接続方法はbluetooth無線LANを使えばよい。


 しかしここで残念なお知らせがある。それはこのiPhoneを海外へ持っていったときだ。この時に使えなくなる機能はおそらく次の物だ。
ワンセグ, FeliCa, 電話機能, インターネット
ワンセグはおそらく日本仕様となるために海外のチャンネルを受信することができないだろう。
FeliCaは完全に日本独自の機能なので海外の電車に乗るときに、改札へiPhoneをかざしても意味が無いです。第一改札にかざす機構がないです。
ここで大問題なのが電話機能とインターネットが使えないということ。どうして使えないかというと、これも海外と日本の仕様が違うから。電話機能に互換性が無いのは日本くらい。(違うかもしれませんが...)電話機能が使えないということはインターネットにアクセスができないということと同義です。
つまりこのiPhoneを海外へ持っていっても海外ではMacと動機させるかGPSで自分の現在位置を確認するくらいしかできなくなります。あとはカメラくらいです。
ということでこの(僕が妄想した)iPhoneは海外では使い物になりません。またこんなに機能が充実していると問題になることがあります。それは電池の持ち具合です。連続待機時間で3日。連続通話時間は1時間はないでしょう。バッテリーの容量を大きくするという荒技もありますが、こうすると筐体のサイズが大きくなるし、とても重いガジェットとなるでしょう。


 以上で日本でのiPhoneの妄想を終わりにしますがどうして日本でiPhoneの発売が遅くなるのかがわかったでしょうか。ほんとうはAppleは早く日本でiPhoneを発売させたいはずですが、どのように日本の携帯の社会に合わせるかという、とんでもなく大きな壁に向かっているのです。これを解決するには大変大きな時間がかかってしまいます。
 しかし最近日本でのiPhoneの発売される会社が決まったという噂が出てきました。早ければ年内ということですが、冷静に考えるとどのようにこの問題をクリアするのかということが結構気になります。
さて、いったいどこで発売されるのでしょうか?


追記:homosapiensさんの指摘より
 今は3G, GSMに対応していればほとんどの国で使えるようになっているとのことです。
僕は902isで止まっているために古い情報を参照してしまいました。
homosapiensさん、ご指摘ありがとうございます。