レポート

 またネタが無くなってきてしまった...。


  前回書いたレポートについてうだうだと愚痴をこぼしてみようかと思います。
A4で2枚, 手書き, 図あり だそうです。
A4で2枚というのは予想より少ないのでとても嬉しいのです。図を含めていいのも結局は書く文字数が減るので大賛成です。
しかしですね、どうして手書きじゃないといけないのですか?確かにパソコン使えばコピペが楽ですが、どうでやる人は手書きでもどこかから写すでしょうに。ペンで文字を書くより、キーボードをタイプした方が早い人は少なからずいるでしょう。第一、僕がそうですし。もし書き間違えても、エディターならいちいち消しゴムを使わなくてもBS押せば良いだけの話。ペンだといちいち消しゴムを持ち替えないといけないですしね。
 あと、色替えて書き間違えたときなんてどんなに悲惨なことか。修正ペンで修正しても、結局紙が汚くなってしまいますよね。エディタならどこかボタンでもおせば色変わりますし、マークアップ言語でも用いて作業するならちょっと書き加えるだけで、色も、書体も変わったりしますし。
 どうせ前日までやらない人だっていて、そういう人たち(含自分)は徹夜で作業することになります。徹夜だと急いで字を書いたり、睡魔と格闘したりしますよね。
そうするとどうしても字が汚くなってしまいます。一度に150人近くのレポートを見る人々は、字の汚さ、綺麗さで判定がちょっと変わったりするはずです。なぜなら汚い字で書いた文章なんて誰も読みたくないので、さらっと見て終わらせてしまいたいという考えが少なからず浮かぶはずだからですよ。
きれいな字で書けば、汚く書いた字で書かれたレポートよりかは隅々まで読まれるでしょう。
ここで点数にちょっとした差が生まれてしまうのです。せっかく文章はうまく書けたものでも、ちゃんと読まれなければ、それはただの文字列でしかなくなってしまうのです。ただの呪文になったのも同然ですね?
 何が言いたいのかと言いますと、どうして手書き指定なのか、ということです。
一応工業大学なんだからパソコンくらいは使わせてよ...。