SP1導入

 今更なのですが、VistaをSP1にしました。いままでSP1になっていたのかと思っていたのですが、なってなかったというのが理由です。
 SP1のインストーラーをダウンロードするのに10分ほど。インストールにはかなり時間がかかってしまって、まつ時間がなかったので、そのまま放置して出かけました。その後家に帰って見てみたら、再起動していたらしく、Ubuntuが起動していました。
 次に/boot/grub/menu.lstを設定してVistaをデフォルトで起動するようにしたのちに再起動。そのまま放置したのですが、「Service Pack 1をインストール中:1/3 - 12% 完了」でかなり時間がかかってまして、とにかく放置しました。
21時くらいから始まりそのまま放置して寝てましたが、ふと3時くらいに起きて確認したところ、3/3までは進んでました。
その後また寝て、6時くらいに見たところ、ログイン画面になっていました。ということでここで終わり。
 ということで、自分のPCとVistaの相性がかなり悪いのではないか?なんて思ってます。
 後はメモリが1GB(Micro DIMM PC2-4200)なのでもう1GB追加した方がいいのかもしれません。UbuntuではFirefoxを起動している状態で、300MBくらいしか消費していませんが、Vistaでは何も起動していない状態でも750MBくらい消費しています。
これではちょっとメモリが足りない気がしますね...。


 でもってSP1なのですが、どこがどのように変わったかはまだよく分かってませんが、すこし挙動が早くなったような気がしますね。後はいろいろとカスタマイズしてメモリの消費を抑えたり、デフラグなどしたりすればもっと早くなるのでしょうかね?