MT#14

 教習所も残り少なくなってきました(挨拶)。
 今日は技能より学科の方が多いという状況。学科は高速について。高速には2種類あることをはじめて知りました...。高速自動車国道と自動車専用道路ってのが所謂高速道路っていわれてるらしいです。
 それは置いておいて、技能。今回は教官一人に対して、生徒二人で交代して運転。いつも通りのコースを回ったのですが、途中の信号のところで左端に車が駐車していました。邪魔だなと思いながらも徐行して進もうにも対向車が来ているので本当にゆっくり進んでいたところふと気がついたら信号が黄色に!
ということであわててブレーキを踏んだのですが、横断歩道まで進んでしまったので、またあわててバック。本当にさんざんな目に遭いました...。
 その後はもう一人の人と交代。そして技能が終わった後は教官一人と生徒二人で話し合いみたいなことをやりました。もともと「危険予測運転」というとこで運転をした後に話し合いをするということだったのですが...。
 話し合いも二人でいろいろとだめ出しをするものかと思っていたのですが、実際やったところ教官がほとんど進めていってくれたので、そんなに苦にはならなかったです。
でもって(教官に)だめ出しされたのは(やはり)クラッチと交差点での右左折の時の減速とか。初心者だと右左折時の減速は結構難しいですよ。
 ということで今日は終わったのでした...。明日は高速道路を走ります。噂によると教習者にはETCが付いているらしいです。家の車にはETC付いてないので、ETCがどんなに便利なものかも知ることになるのですかね?ちなみに自分は高速道路は小学生以来のってないですね。家族旅行も中学になってから行かなくなってしまったので...。


残り:3回, 5日