クラス

 前回ちっちゃく注意:間違ってるかも...と書いておいたところ案の定間違っていて、コメントで丁寧に突っ込んでくれたので、ちゃんと勉強しようとちゃんとのこのしてみようと書いておくととにします。大抵はここから情報を持ってきて自分か分かるように解釈したものを載せる予定。
http://developer.apple.com/jp/documentation/japanese.html
 まだCocoaを書くのは早すぎるのでObjective-Cで。今回はクラス。


 クラスの宣言の仕方はクラスインターフェイスってものを宣言。

@interface Hoge : NSObject
{
  /* ... */
}
- (void)foo:(int)a bar:(int)b;
@end

 次に定義をするっぽいです。

@implementation Hoge

- (void)foo:(int)a bar:(int)b
{
  /* ... */
}

@end

 これでクラスの定期は出来るみたいです。
次に(前回間違えた)メソッド呼び出しですが、

int a, b;
Hoge *fizz = [[Hoge alloc] init];
[fizz foo:a bar:b];

最後の[fizz foo:a bar:b]ってやつで呼べるみたいです。
2行目のはまだ完璧には理解してないですが、クラスを定義、メモリ割り当て?、初期化?とやっている物だと思います...。
IT戦記さんではallocでオブジェクトを作ると書いてありますね。イマイチ理解できない...。
allocはNSObjectを継承させると使えるようになるみたいです。