コンシューマ向けのサーバー


写真はappleより
 ちょっと考えてみました、コンシューマ向けのサーバーなどを。


 Macはデスクトップとラップトップにはそれぞれコンシューマ用とプロフェッショナル用で一応分かれてますが、サーバーは分かれてないです。まぁ普通に考えるとコンシューマ用のサーバーなんて必要ないですけどねw
 でもって考えてみたのが、NAS+α的な物。まずはNASとはどういう物か定義をWikipediaに投げて...
ネットワークアタッチトストレージ - Wikipedia

 大雑把に言いますと、ネットワーク上に置いてある外部HDDと思えば良いのかと。*1


 単にファイルサーバーとして考えるなら、Mac miniというNASにはぴったりのコンピュータが存在したり、普通にiMacを使っても言い訳ですが、個人的意見としてはある程度の拡張性とコンパクトさを兼ね備えた筐体が良いと思います。ファイルサーバーなので使い込むと当然ボリュームの容量がいっぱいになるので後からでも簡単に(筐体内に)HDD等を追加できたり、ATXの用に大きくても置き場所に困る等と、いろいろな要因を考えないといけない訳です。


 でもって、どんな筐体がいいか考えてみたのですが、やっぱり今のXserveの筐体はかっこいいですねー。でも所謂19インチで1Uのラックタイプなので横幅が...ね?縦は素晴らしいのですけど。なのでちょっと考えるとやっぱりMac mini3つ分が良い感じの大きさですかね?ただし内部に簡単にアクセス出来ないとダメですけどね。

 次にスペック。NASとして考えるならそんならハイスペックなコンピュータはいらないですね。というとこでロウスペックのCore 2 Duoでも良いし、Pentium Dual-Coreでも良いし、ましてやCeleronでも言い訳です。メモリは1GBあれば充分でしょうね。グラフィックもNASならディスプレイ繋がないのでいらないっす。
 ただしHDDは3.5インチのものでないと。容量も転送速度も価格も申し分ないですしね。


 ということでちょっとまとめると...


Appleより

Mac miniって凄いね!


 後は内部アクセスが...それは置いておいて。スペック的には申し分ない!(ましてや(たぶん)僕のCore DuoMacBook Proよりハイスペック!)
その他気になる項目としては

  • 消費電力
  • 内部にHDD追加できない

これくらいでしょ?HDD内部に追加できなくても外部接続の物を追加すれば!消費電力はCore Duoの時が20~30Wらしいので45Wくらいとでも考えておけば良いのでしょうかね?
参考元Intel 版 Mac mini の消費電力|Mac mini でリビングPC


 実はよーく考えてみるとMac miniNASとしては素晴らしいコンピュータですね。ってMac miniNASじゃないですよ><
 気になる?価格は79,800円!ちょっと高いっすね、やっぱり...。まぁそこもAppleだし←


 兎に角、Mac miniに清き1票をって訳が分からないですねw

 噂ではMac miniはそろそろ無くなるとか、もしくは新しいものに変わるとか。本当はどうなるの?誰か教えて下さい←


 と、今回はMac miniにスポットライトを当ててみました。 (完?)




 話は変わりますが、バイト先にはMacの展示は置かないそうです...。どうして...?

*1:別にファイルサーバーだけ指す訳では無いです。