大学でssh

 僕の大学では無線LANが公開されているのですが、プロキシがあるのでsshがはねられるのです。
 で、木曜日に「大学でssh出来たら良いな。」とかつぶやいていたところconnect.cというものを教えてくれたので試してみました。


 大体はここを参考にして
http://www.meadowy.org/~gotoh/projects/connect
ここでconnect.cをダウンロードしてコンパイル、適当なディレクトリ(/usr/local/binあたりにでも)に移動。
 connectがちゃんと使えるか確認したら、今度は~/.ssh/configを編集。
自分の大学はsocksが用意されてないのでHTTP proxyで使えるように。

Host *
ProxyCommand connect -H proxy-server:port %h %p

 こんな感じで。
後はsshする訳ですが、HTTP proxyなので22番のポートではダメでした。そこで443番を開けて(自分の環境ではルーターのポート解放で443をサーバーの22番に転送するように設定しただけ)ssh

ssh user@server -p 443

こんな感じでやってます。自分の環境では上手く接続できました。あとsshfsも問題なく使えました。よかったよかった。


 これで家のサーバーなら大学からでもいじれる訳で。つまり休み時間がより有意義に過ごせるように?後はscpも使えるはずなのでUSBメモリをいちいち持っていかなくても良い感じに?大学のPCのOSがXPだったとしても443を開けてあるからputtyやtera termが使えるはずですし。

ちょっと気になること

 今のところconfigには上記のような感じで書いてるので、家ではいちいち全部コメントアウトする羽目に...。
 次にいつもはssh ...とコマンドを入力するのが億劫なので、aliasしてるので、これも家と大学で同じコマンドで接続できるようになればいいなぁ。


 まぁここら辺はスクリプト書いて終わりって感じですかね。今週中にでも(暇とやる気があったら)書いてみようかと思います。