雑記とかとか

 夜カフェが5時間近く続いていろいろと大変でした、睡眠時間がw そういえばEXPOでは何を発表するのか、というよりまだJobsの講演の予定がまだないとか。来年は何も発表しないのかな...。


 さて、大学で(半分嫌々)使っているMathematicaですが、自分としては使いづらい面があるので報告でも...誰に報告するんでしょうね?とりあえずRと比較してみましょう。


 1.関数の引数をブラケットに入れる。
 ブラケットって"[]"ですね。配列じゃないですよ。たとえばRではsin(x)とかですね。まぁこれがSin[x]となるわけですよ。さいしょかなり戸惑いましたよ。

 2.行列の定義が面倒
 最近行列を使わせる課題が出てきて使ったのですが、非常にめんどう。とにかくこんな感じです。

{{1, 2}, {3, 4}}//MatrixForm

 これで普通の行列のように表示されます。Rでは(この例ではもうちょっと簡単に書けますが)こんな感じでかけます。

matrix(c(1, 2, 3, 4), 2, 2)

 どっちもどっちって感じな気もしますが、Rの表記方法だと行と列を意識せずに羅列させて数値を入れられるという点でいいのではないのかと思います。ただ、この書き方では自分がいまどこの成分を記述しているのかが分かりづらくなりますけど。
 ちなみにRでは行ベクトルまたは列ベクトルから行列を作れるようになってるので上のような問題は回避できます。

rbind(c(1, 2), c(3, 4))

 こんな感じですね。上の行列と同じになってます。まぁこれだとMathematicaとより記述が面倒になりそうですね。

 とまぁちょっと扱ってみた感じでの感想みたいな感じです。ブラケットはやめてほしかったですね...。それではー。