Quicksilverを使ってみる

 前からQuicksilverは入れていたのですが、使い方がイマイチつかめて無かったのでした...。 分類としてはコマンドラインタイプのランチャって事にしておきましょうw

 比較としてWindowsであるLaunchyというのもを出しておきます。Windows使ってるときは重宝してますね。
 ちなみにこれは単にランチャなのでQuicksilverみたいな凄い機能は付いてません。


 さて本題のQuicksilverですが、とりあえずランチャと言うことで紹介はしてみますが、実際は機能はランチャだけではありませんし、むしろその他の機能の充実度が素晴らしいですよね。

 はっきり言うと機能がありすぎて分け分からないという部分もありますねw


インターフェースJulius Eckertより

つかいかたはわかばマークのMacの備忘録さんのところが膨大な量、かつ詳細に説明されてるのでそちらを参考してもらいと良いと思います。
わかばマークのMacの備忘録 : category » Quicksilver


 ちなみに今までは余り使ってなかったりしました。というのも、Mac OS Xにはなんと言ってもあの「spotlight」があるのでそれ使ってても別に問題無いかもとか思ってた訳です。
 そしてそこからQuicksilverを使おうと考えを変えた理由としては、spotlightが普通に重いからです。
 それとiTunesのウィンドウを閉じてて音楽聞いてるときに次の曲に変えたいときにいちいちウィンドウを表示させたり、またはDockのiTunesを右クリックするのが面倒だったりと思ったり。
 Quicksilverだと自分の環境では

  • Quicksilver起動(option + Space)
  • iTunesを操作( i → tab)
  • 次の曲( n → enter)

とこれだけで次曲へいけるのです。

 ちなみに他に思いついた方法としてはoption + tabでiTunesにフォーカスを当てた後に→をタイプすれば良いのですが、こちらでは次曲へ移動した後フォーカスはiTunesに当たったままなので結局不便ですね。


 と何もプラグインを入れないとランチャ+αくらいしか出来ないのですが、プラグインを入れると多機能システムアプリ+α(ランチャ)といった感じになります。
 RTM, flickr,twitter等のWebサービスと連携するプラグインとか便利そうです。上のスクリーンショットtwitterにpostできるもの。


 ということで、まだまだちゃんと理解してはいないのでこのくらいにしておきます←
 良い感じに使いこなせる頃が来たときに環境設定って感じで再度書くかも知れません。というより、オススメのプラグインとかあったら教えて欲しい訳ですけどね。