Rのhelpをvimで表示

 テキトーにやっつけてみました。

 vimrcにでも...

function! R_help(arg)
  new
  silent execute "r!~/.vim/bin/R_help.sh " . a:arg
  silent execute "%s/_^H^H//g"
  silent execute 'normal gg'
endfunction
command! -nargs=1 Rh call R_help(<q-args>)

置換部分のの^HはCTRL_V CTRL_Hで。

 でもって上にある謎なR_help.shですが

#!/bin/sh
R -q --vanilla << EOF
help($1)
EOF

こんな感じになってます。
 vimrcにそのままヒアドキュメント書ければ良かったのですが、出来なかったのでした。

 使い方はノーマルモードで

:Rh sum

とかやってみると

こんな感じに。コマンド調べたいときに便利かも。