音声コントロール

 そろそろiPhone以外のことも書かないといけないと思いつつも、それ以外では良さそうなネタが思いつかないので。


 今更音声コントロールを使って見ました。ホームボタンを長押しして呼び出し。以前はホームボタン長押しはアプリケーションの強制終了でしたね。それに伴ってiPhone OS 3.0でのアプリケーションの強制終了は

  • 電源ボタン長押しでシャットダウン画面表示
  • 画面の描写がとまるまでホームボタン長押し
  • 描写がとまったらホームボタン離す

これで終了してくれます。今のところ、3GSではアプリケーションの強制終了にはお世話になりませんが、3Gでは数回使いましたね。
 話を音声コントロールに戻しますと、とりあえず「シャッフル」とiPhoneに向かって話しかけてみると今度はiPhoneが「シャフル」と答えてちゃんとシャッフルされました! これは面白いです!
 調子に乗って今度は「再生」と話しかけてみたところ「○○に電話」となりました。焦ってキャンセル。今度は「アルバム」と話しかけたら一致しないって怒られました。でもって、「album」と英語の発音っぽく話したら「音楽再生してないよー再生する?」みたいなアナウンスが。

 つかっててちょっと残念な部分は音声コントロールが常時起動しないところでしょうかね。音楽を再生しているだけなら、そのまま起動し続けてもらえばiPhone触らずにNext、Pauseなどなど。(Nextって話しかけたらまたもや電話かけそうになったのは内緒)
 実用できかどうかは、正直普通に操作した方が早いですが、今の技術のすばらしさを実感できたと言うことでw


 話はちょっと変わりますが、iPhone 3GでOSを2.2のものと、iPhone 3GS(OSは3.0)ではどのくらい早さが違うのでしょうかね? 早さと言うよりどっちがモッサリしているかって事を知りたいのですけどね。どうにか3Gの方をダウングレードして調べてみたいですね。