Spotlightにスポットを当ててみる

 Spotlightをもうちょっと活用したいとふと思ったりしたので、ちょっと調べてみました。Spotlightと言うとTigerから導入されて現在に至りますね。一見便利なようで使いづらく、しかし結構重要なものだったりするものです。(意味わかんないですねw)
 今回考えるのはcontrol+spaceで右上の方に表示される、Spotlightメニューってやつです。とりあえず便利そうなもの最低限?をピックアップしました。
因みに日本語名のアプリケーションでも場合によっては英語で検索しても候補に出てきます。

kind

kind:の後にファイルタイプを入れて上げるとそのファイルタイプのものだけを探してくれます。


pdfだけ欲しい!って時とかにはこのようにすれば見つかります。

例 kind:email(メール検索)

date

date:の後に日付を入れるとファイルを作成した日、あるいは最後にアクセスした日のものを探します。todayやyesterdayでも検索できます。
...のはずですが、何故か僕の環境ではtodayとyesterdayしか使えません。どうして...。

comment

Spotlightのコメントです。Spotlight使うなら是非入れるべきですが、意外と面倒ですよね。

とりあえずこんな感じでコメントを付けてみると、

このように検索できます。
コメントと言うより、某動画投稿サイトのタグのように使って見ると便利かも知れません。

label

ラベルはファイルに色付けるやつですね。


これはlabel:数字 で検索できます。数字ってのが悔しいですね。せめて色(red)とかラベル名(レッド等)で選べたら良かったのですが。
と言う訳でラベルで検索するのは余り良い感じではなさそうです。

制御文

簡単な制御文が使えます。and or notあたりです。


「i」の付かない「tunes」を検索(無いですね...)

「quick」で「time」なものを検索(quicktime)

「machine」か「quick」を検索

と言ったのが基本で後はテキトーに。


 と言うことで、頑張れば使いこなせそうな予感がしますね。「検索」に絞るならQuickSilverでなくてもSpotlightで良い感じがします。