iPhone OS 4.0

iPhone OS 4.0が発表されましたね。iPhone 3Gが非対応になってしまったのは少し残念ですが、OS 3.0でこんなにもっさりですから仕方がないことだと思います。
新機能で注目したい点は色々、たとえばBluetoothキーボード対応、Spotlightの強化、Mailのinboxなどありますが、やはり4.0で一番注目すべき点はようやく搭載されたマルチタスク機能ですよね!


せっかくマルチタスクが搭載されても動作が極端に遅い場合はあんまし意味がないのですが、ベータ版が既に配布されて、そのレビューがちらほら出ているのでそれを見てから判断すべきです。
動画:iPhone OS 4 ベータを実機でテスト - Engadget 日本版


バックグラウンドでは特定のAPIを利用するため今のほとんどのAppはマルチタスクの恩恵に預かれませんが、それでもsafariやメモの起動が短縮出来るのは大きな点ではあります。挙動に関しても3.0の頃のように極端に重かったり、落ちたりしそうな感じを受けず、サクサク動いているように見えます。
ちゃんとバックグラウンド用のAPIを利用するAppが余り登場していなく、それ回りの挙動はまだ確認出来なさそうですが、きっとサクサク動いてくれそうな気がします。


夏に3GS用のものがでるとのことなので、それまでに何かしらマルチタスクに対応したAppが出るはずなので、それのレビューも楽しみに待ってみましょう。iPad用は秋に出るとのことなので、iPadの購入はそれを待ってからでも良いような気もします。どうしても待てない場合でもきっとiPhone OS 3.0の時のように(iPod touchは有料でしたが)無料でアップデートできるようになるような気がしますので、日本で発売してすぐに購入しても良いかもしれません。