読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自作PC【3年ぷり3台目】インストール編(前半)

Computer

 ちょっと忙しくて時間が空いてしまいました…。6/8時点でパーツが届いていて、既に組んでます。


 ハードウェア構成は前回の物にプラスして、PT2を2枚とNICを1枚追加してます。NICを1枚追加しているのはPCにルータもやらせるためです。

HDD構成

sda:SSD

Disk /dev/sda: 120.0 GB, 120034123776 bytes
   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1               1         487     3905536   82  Linux swap / Solaris
Partition 1 does not end on cylinder boundary.
/dev/sda2             487       14594   113312769    5  Extended
/dev/sda5             487        4377    31249408   83  Linux
/dev/sda6            4377       14594    82062336   8e  Linux LVM

sdb:HDD

Disk /dev/sdb: 2000.4 GB, 2000398934016 bytes
   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdb1               1      243201  1953512001   8e  Linux LVM

SSDであるsdaにシステムを入れてます。全部基本ボリュームにする予定がミスってました…。本当は/home /usr /var等のパーティションを切るのが良いのですが、後で暇があったら。LVMばっかりなのは後述します。

インストール

 インストール時のソフトウェアの選択では標準システムを選択。統合デスクトップ環境は必要ないです。

aptitudeでインストール(割と忘れてる)
  • lvm2
  • sudo
  • autoconf
  • gcc
  • make
  • pkg-config
  • ctags
  • vim
  • ssh
  • openssl
  • git-core
  • curl
  • libncurses5-dev
  • pppoeconf
  • libreadline-dev
  • zlib1g-dev
  • mysql-common
  • bind9
  • isc-dhcp-server


vimは別で、自分でコンパイルして使いますが、$HOMEにインストールするのでsuでも使えるようにaptからもインストールしておきます。

vim, zsh, screen

zsh:

$ git clone git://zsh.git.sf.net/gitroot/zsh/zsh
$ cd zsh
$ ./Util/preconfig
$ ./configure --prefix=$HOME --enable-multibyte
$ make && make install

インストールが終わったら/etc/shellsを編集し、chsh -sを行う。最後に.zshenvあたりでPATHを通す。ログインし直せばzshになります。


screen:

$ git clone git://git.savannah.gnu.org/screen.git
$ cd screen/src
$ ./autogen.sh
$ ./configure --prefix=$HOME --enable-colors256 --enable-telnet --enable-socket-dir
$ make && make install

vim:

$ wget -q -O- ftp://ftp.vim.org/pub/vim/unix/vim-7.3.tar.bz2 | tar xjf -
$ mkdir vim73/patches
$ cd vim73/patches
$ wget -q -r -nd -np http://ftp.vim.org/pub/vim/patches/7.3/
$ cd ..
$ cat patches/7.3.* | patch -p0
$ ./configure --enable-multibyte --with-features=huge --enable-fontset --enable-xim --enable-cscope --enable-sniff --prefix=$HOME
$ make && make install
rvm
$ bash < <(curl -s https://rvm.beginrescueend.com/install/rvm)

.zshenvに以下の物を書き込みます。

[[ -s "$HOME/.rvm/scripts/rvm" ]] && . "$HOME/.rvm/scripts/rvm"

ログインし直せばrvmが使えるようになります。

1.9.2をインストール

$ rvm install 1.9.2 && rvm use 1.9.2 --default

gemでライブラリをインストール

$ gem install activerecord ruby-mysql

ネットワーク設定

 ネットワーク環境は


モデム - [eth0 eth1] - LAN


の様になってます。外に接続できるようにpppoeを、後にkvmでブリッジできるように設定します。

# pppoeconf
# vim /etc/network/interfaces
auto br0 
iface br0 inet static
  pre-up /etc/iptables.sh
  bridge_ports eth1
  address 192.168.0.1
  broadcast 172.168.0.255
  netmask 255.255.255.0
  dns-nameservers 192.168.0.1

bridge_portsがミソです。/etc/iptables.shにはNATが使えるような記述をしておきます。

# vim /etc/dhcp/dhcpd.conf
subnet 192.168.0.0 netmask 255.255.255.0 {
  range 192.168.0.150 192.168.0.250;
  option routers 192.168.0.1;
  option subnet-mask 255.255.255.0;
  option broadcast-address 192.168.0.255;
  option domain-name-servers 192.168.0.1;
}

dhcpdを再起動すれば使えるようになります。


とりあえず前半はこのくらいで。後半はkvmの設定当たりを。