読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学卒業

大学卒業しました.卒業してしまいました.4年間のまとめとしては

  • 第一志望にもれなく漏れる
  • 1年次の成績が割と良かったので天狗になる
  • 2年前期で講義取りすぎ&不真面目で単位を落とす(唯一)
  • 実験レポートがボールペン&修正液不可で泣きながら徹夜(泣いてない
  • ハードやりたかったけどソフトやることに


ですかね.このブログ自体大学入試が終わってから書いたので,大学落ちた事もちゃっかり書いてます.
玉砕 - hijouguchiの日記
今考えれば正解だったのかもしれません.大学の講義つまんなかったりしたのは残念ですが,講義に求めるので無く自分で勉強するのが大学ですし.
特に数学であったのが,講義を取る前に自分で勉強してて,わからなかった部分を講義で補完しようと思ったのにその部分が取り上げられなかったりしたことがありました.
そのときはググったり図書館行ったりしてどうにかしてましたが,そういうのは講義終わった後にでも質問しに行けば良かったのでは無いのかと今では思ってます.


1年次は(特に前期は)高校でやったことの復習といったことが多く成績良くなるのは当たり前なのですが,そのまま2年次に行ったのが失敗でした.おかげで単位ひとつ落としちゃいました.
落とした講義はFermi–Dirac統計というよくわかんないものを使う物性の講義だったのですが,ちゃんと統計力学(熱力学)やってない人にいきなり数式で殴りにかかるのはずるいです.
統計力学に関してはボクの大学で開講されてませんでしたし.そういうのも考慮に入れてもう少し丁寧に(かつ15週に収まるように)教えて欲しかったですね.このせいで物性嫌いになっちゃいましたよ.

とはいえ自分で掘り下げなかったのも原因があるんですけど.


実験はボールペン指定という訳のわからないことをしてくれたおかげでダメなレポートを提出することになりましたね.趣味に充てられる時間も少し削ることになっちゃいましたし.
コピペ対策としてPC使わせないってのなら納得できますが,ボールペン指定は納得できません.あれのせいでどれほど(レポート用紙と時間を)無駄に書き直したことか….


卒研はハード使って信号処理みたいなことしたかったのですが,うっかりデータマイニングって言ってしまったためにテキストマイニングになりました.
テキストマイニング自体は興味ありましたし,ゼミの準備等でハード触る機会が割とあったのでこの点に関してはうまく考えれたなぁと思います.


卒研自体は軽く手を抜いたり,時には思いっきり手を抜いたりしながら,そのことをとても後悔しながら徹夜して発表の準備をしたりしました.ちゃんとやっておけば良かったですね….
発声練習はしっかりやるべきでした.大変後悔しました.


とまぁ大まかにはこんな感じでしょうか.発表とか,やりたかったハードはあと2年あるのでそちらでしっかりやっていこうと思います.
4月からは念願の一人暮らしだったりで楽しみです.


ってフラグを立てて置いて大学生活に終止符を打っておきましょう.4月からは修士として頑張ってみます!