引っ越した話

ブログ書くのも9ヶ月ぶりになってしまいましたね。

今年の抱負に書いていた「引っ越したい」というのを実現しました。引っ越したのは8月中旬だったので、すでに2ヶ月経ってます。
UK 出張のときに住ませてもらっていた家が庭付き1LDKで食洗機ドラム式洗濯機付きという、当時寮に住んでたときに比べると生活の質が10倍くらいの差がありまして、引っ越すときはぜひ広くて便利なところが良いなと考えていました。
広めな間取りを考えると駅近くだとそんなに多くない(あっても家賃が高すぎる)、かつ駐車場がほしいというところもあったので駅から近いというところは候補から外しました。
車も小さいとはいえ、家までの道だったり、駐車場が狭すぎるなどアクセスに難があるところも避けたかったです。何件か物件見たときは、丘の上で上がるときに車一台がやっと通れるみたいなところだったり、切り返しがほぼ不可能な場所だったりもありました。
また寮のときから衣類乾燥機にお世話になっていたので、もう衣類を干すという習慣からさよならしたく、そうなるとやっぱり広い部屋が必須になってしまいます。

というわけで、運良く見つかったのが幹線道路沿いの1DK。おまけに追い焚き機能付きのお風呂もついてきました。
その代償として駅徒歩15分強だったり、最寄りのスーパー(クレジットカードNG!!!)までも徒歩10分だったりとなってしまいました。


さて部屋の方ですが、5畳1Kから7畳1DKになってびっくりするくらい部屋が広くなりまして、念願のTVとソファを置けるようになりました。
UK に居たときにソファがある部屋を経験して、ソファに座ってだらだら本読んだりアニメ見たりする環境も良いなと思ったので、
引っ越す際はぜひその環境を作り上げたいと思っていました。

ドラム式洗濯機もなんとか置きました。干す+取り込む作業から開放されますし、何より天候に左右されないのが一番大きいです。
(一部アイロンがけは必要で、ここは見直したい工程です)
寮のときは共同で、洗濯乾燥が終わり次第すぐに取り出さないと勝手に取り出されるという状況になったり、夜中に乾燥機動かされたりで
かなりのストレスになっていました。共同キッチンからも開放されたのも大きいですね。当時は食器洗うのも苦労しました。

意図せず質が上がったのが追い焚き機能付きのお風呂でした。一人暮らしを初めてずっとユニットバスで、そのときはずっと
シャワーだけだったのですが、今では毎日湯船に浸かる生活になりました。
お風呂の温度が下がらないので長風呂しても寒くないです。調子に乗って防水の kindle を買ってお風呂で読むようになってしまいました。

ということで、良い事づくしの引っ越しでした。今思えばもっと早く引っ越していればよかったなぁと感じています。